アトピー性皮膚炎、花粉症等アレルギー改善は酵素と乳酸菌の摂取が鍵。善玉菌(≠悪玉菌)優位の腸内環境で、腸内細菌が免疫力を高める。健康・美肌の再生、アンチエイジング、うつ病や放射能対策にも。

  アトピーは腸と酵素でキレイにのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 免疫・衛生仮説 > アトピーは、Th1/Th2免疫構造の出生後の移行不全で起こる  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーは、Th1/Th2免疫構造の出生後の移行不全で起こる

2011 - 11/12 [Sat] - 21:56

注射しない減感作療法の威力
 免疫のなかで重要な役割を担っているのが、リンパ球の一種であるT細胞(T cell、T lymphocyte)です。

 そのT細胞の役割が、Th1主体の免疫反応とTh2主体の免疫反応とに大きく二つに分けられることは前にも述べました。


 わかりやすくいうと、

 Th1の免疫反応病原体が感染したときなどに強まる
 Th2の免疫反応アレルギー反応が起こるときに強まる

と、なります。

Th1/Th2のバランス この二つは、ちょうど天秤にかけられているかのように片方が強まればもう片方は弱まるような関係にあり、Th1の反応が強ければTh2の反応が抑制され、逆にTh2の反応が強ければTh1の反応が抑制されるといいます。(左図参照)



 この二つの反応による免疫構造が、私たちがお母さんのお腹の中にいるときとお腹から出て外で生きるようになってからとでは異なってくるのだといいます。

 母親のお腹の中にいる胎児は、胎盤を通じて自分にとっては異物となる母親の生体成分と常時接触しています。その結果、生まれてすぐの子供はアレルギー系のTh2主体の免疫構造になっています。

 ところが生まれた後は外部の細菌などの病原体と戦っていかなくてはなりません。度重なる感染に対処する過程で、徐々にTh2主体から感染症系のTh1主体の免疫構造に変化していくのです。

 そして、アトピーなどアレルギーになってしまう人たちというのは、この免疫構造の変化がスムーズに行かないパターンなのだといいます。

 花粉症、喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー病の方たちは、このアレルギー主体のTh2の免疫構造から感染症主体のTh1の免疫構造にうまく移行することができなくて、アレルギー主体のTh2の免疫反応がいまだ主流になっているのです。


 アトピー性皮膚炎の場合、私のように大人になってから発症する場合もありますので、お母さんのお腹の中から外界に生まれ出てからの免疫構造の変化の不全という説明は、それだけでは不十分に聞こえるかもしれません。

 しかし、私の場合も、子供の頃からアトピーにこそならなかったもののアレルギー的な体質はありましたので、もともとTh1/Th2のバランスがTh2に偏る傾向があり、それが顕著に崩れたことでアトピーを発症したと考えられるように思います。

 そういう意味で、この説明はよくわかる気がしました。

 ただ、ではなぜある人は免疫構造の移行不全が起こり、ある人は起こらないのかということに関して、著者の斉藤さんは、

 このTh1とTh2の免疫バランスを決定づける一番大きな要素は遺伝です。


と述べています。

 この「遺伝」という説明にはちょっと違和感を感じました。

 遺伝というよりも、むしろその赤ちゃんを宿していたお母さんの腸内環境の良し悪し、善玉菌優位の腸内環境なのか、悪玉菌優位の腸内環境なのかの影響の方が大きいのではないかと、専門的な医学知識がないながらも私は考えてしまいます。

 なぜそう考えるかというと、そう考えた方が子供の親となろうとする人たちがアトピー的体質を有していた場合、生まれてくる子供のために自分のなせることというのがより積極的、能動的なものになるような気がするからです。

 ただし、著者の斉藤さんは、「遺伝」ですべてを説明しつくしているわけではなく、それに加えて以下のように述べられています。

 ただ最近の多くの研究で、生活環境、特に生後数年以内の生活環境がTh1とTh2のバランスに大きな影響を及ぼしていることが判明してきました。これは衛生仮説とよばれ、現在アレルギー関連の学会で大きな話題となっています。

 この「衛生仮説」というのは、とても興味深い話です。

TOPページへ戻る▲

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
応援してください。m(_ _)m
関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://atopyintestine.blog.fc2.com/tb.php/11-ff6de92d

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

おすすめ記事

記事の中で紹介した書籍

アレルギーの9割は腸で治る!
アレルギーの9割は腸で治る!
クスリに頼らない免疫力のつくり方


腸内革命
腸内革命
腸は、第二の脳である


上野川修一 人生は運命ではなく「腸」が決定する
人生は運命ではなく「腸」が決定する
「腸」こそ免疫力の原点だ


奥村康 腸の免疫を上げると健康になる
腸の免疫を上げると健康になる

アトピーの女王
アトピーの女王

皮膚の病気は内臓でなおす
アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす


汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる

酵素で腸年齢が若くなる!
酵素で腸年齢が若くなる!

病気にならない生き方
病気にならない生き方

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

よく読まれている記事


ブログパーツ

検索フォーム

リンク

プロフィール

くどう

Author:くどう
40代・男性 成人後、アトピー性皮膚炎になること2度。腸内環境の改善と酵素摂取によりキレイに。

RSSリンクの表示

カウンター

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。