アトピー性皮膚炎、花粉症等アレルギー改善は酵素と乳酸菌の摂取が鍵。善玉菌(≠悪玉菌)優位の腸内環境で、腸内細菌が免疫力を高める。健康・美肌の再生、アンチエイジング、うつ病や放射能対策にも。

  アトピーは腸と酵素でキレイにのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 免疫・衛生仮説 > アトピー性皮膚炎は、長男長女に多い?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピー性皮膚炎は、長男長女に多い?

2011 - 12/12 [Mon] - 23:01

長男長女 アトピー性皮膚炎にかかるのは、長男や長女に多いというデータがあるそうです。

 これについては、いささか疑問なのですが、藤田紘一郎さんは著書「腸内革命」の中で次のように記されています。

 『日本小児アレルギー学会誌』に発表されたデータによると長男、長女は弟や妹と比べてアトピー性皮膚炎や気管支ぜん息などのアレルギー性疾患にかかりやすいことがわかっています。

 これは日本だけの傾向ではなく、イギリスでもロンドン公衆衛生専門学校ストラッチャン博士が調査をしているのですが、ほぼ同様の結果が出ています。

 なぜ、長男や長女にアトピー性皮膚炎が多くなったのでしょうか。

 子どものアレルギー性疾患は、育てられた環境と深く関係してきます。

 簡単にいえば、手をかけず放任主義で育った子どもにはアレルギー性疾患は比較的少なく、逆に、清潔面などで過度に神経質な環境の中で育った子どもにはアレルギーが多いのです。

 子どもの人数が減り、一人っ子の家庭が多くなったことも長男、長女のアレルギー性疾患を増やしている理由の一つと考えられています。

 藤田さんによれば、お母さんも初めての子育てでは要領もわからず、神経質に手をかけて育てがちなのですが、

「第二子、第三子になると、いい意味で手を抜く

ことになり、それが結果的によいのだといいます。

 たとえば、第一子には必ず哺乳瓶を煮沸して洗っていたけれど、第二子以降は煮沸しなくなります。

 あるいは、おっぱいをあげるときに、最初の子には乳首を消毒していたけれど、次の子からはそのまま飲ませるなど、子どもをあまり清潔にしすぎないように育てることになり、アレルギーを抑えられたのです。

(「アレルギーの9割は腸で治る!」より)

 つまり、長男や長女に比べて弟や妹にアトピーが少なくなるのは、

「兄弟が多いと、みんなに目が行き届かない分、少しいい加減になって、その結果アレルギーが抑えられたのです。」

ということのようです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。m(_ _)m

TOPページへ戻る▲




関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://atopyintestine.blog.fc2.com/tb.php/32-baa4edcc

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

おすすめ記事

記事の中で紹介した書籍

アレルギーの9割は腸で治る!
アレルギーの9割は腸で治る!
クスリに頼らない免疫力のつくり方


腸内革命
腸内革命
腸は、第二の脳である


上野川修一 人生は運命ではなく「腸」が決定する
人生は運命ではなく「腸」が決定する
「腸」こそ免疫力の原点だ


奥村康 腸の免疫を上げると健康になる
腸の免疫を上げると健康になる

アトピーの女王
アトピーの女王

皮膚の病気は内臓でなおす
アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす


汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる

酵素で腸年齢が若くなる!
酵素で腸年齢が若くなる!

病気にならない生き方
病気にならない生き方

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

よく読まれている記事


ブログパーツ

検索フォーム

リンク

プロフィール

くどう

Author:くどう
40代・男性 成人後、アトピー性皮膚炎になること2度。腸内環境の改善と酵素摂取によりキレイに。

RSSリンクの表示

カウンター

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。