アトピー性皮膚炎、花粉症等アレルギー改善は酵素と乳酸菌の摂取が鍵。善玉菌(≠悪玉菌)優位の腸内環境で、腸内細菌が免疫力を高める。健康・美肌の再生、アンチエイジング、うつ病や放射能対策にも。

  アトピーは腸と酵素でキレイにのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 腸の仕組み・働き > 脳や心臓のない生物はいても、腸のない生物はいない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳や心臓のない生物はいても、腸のない生物はいない

2011 - 12/22 [Thu] - 22:42

 腸だけで生きている生き物――いったい、どのような仕組みになっているのでしょうか。

 奥村康さんによると、イソギンチャク腸と口と触覚だけの動物だそうです。

 イソギンチャクは、体イコール腸のような単純なつくりで、食べ物を送りこむための「」が排泄物を出す肛門も兼ねているのです。そして、それ以外には食べ物を探して捕るための長い触角があるだけです。

 しかし、イソギンチャクの腸は、優秀な機能を持っているといいます。

 イソギンチャクの腸は、実にインテリジェントです。

 どんな食物が入ってきたかを見極める「センサー細胞」があり、腸の内容物を化学的に認識して反応をおこします。

 その神経細胞は、さらに別の細胞に信号を送り、腸の内容物に応じて、それぞれを分解し、吸収する反応がおこります。

 イソギンチャクを一歩進化させた生物であるナマコも、かなり原始的なつくりの生き物です。

ナマコには、脳も、心臓も、目も、鼻も、舌もありません。口と腸(消化管)と肛門があるだけの土管のような体で、ちゃんと海底を動き回ってエサを探して、食べて、生き続けています。

 外からの攻撃を受けると、自分の腸管の一部を口や肛門から吐き出して相手を威嚇するという、免疫の原点のようなワザもくり出します。腸管はしばらくすると再生します。ミミズもナメクジもほぼ同じです。

 脳や心臓のない生物はいても、腸のない生物はいないんですね。

 こんな、ほとんど腸だけの体のナマコですが、実に人間よりもはるかに長く、何億年も種をつないできている生き物です。

 ゲノム(全遺伝情報)の解読によると、私たち人間の祖先は、いまから5億2000万年以上前のナメクジウオになるそうです。

 基本的な腸のつくりと働きは、イソギンチャクやナメクジウオから人間に至る進化の過程で、ほとんど変わっていないのだといいます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。m(_ _)m

TOPページへ戻る▲


関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://atopyintestine.blog.fc2.com/tb.php/38-c604c082

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

おすすめ記事

記事の中で紹介した書籍

アレルギーの9割は腸で治る!
アレルギーの9割は腸で治る!
クスリに頼らない免疫力のつくり方


腸内革命
腸内革命
腸は、第二の脳である


上野川修一 人生は運命ではなく「腸」が決定する
人生は運命ではなく「腸」が決定する
「腸」こそ免疫力の原点だ


奥村康 腸の免疫を上げると健康になる
腸の免疫を上げると健康になる

アトピーの女王
アトピーの女王

皮膚の病気は内臓でなおす
アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす


汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる

酵素で腸年齢が若くなる!
酵素で腸年齢が若くなる!

病気にならない生き方
病気にならない生き方

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

よく読まれている記事


ブログパーツ

検索フォーム

リンク

プロフィール

くどう

Author:くどう
40代・男性 成人後、アトピー性皮膚炎になること2度。腸内環境の改善と酵素摂取によりキレイに。

RSSリンクの表示

カウンター

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。