アトピー性皮膚炎、花粉症等アレルギー改善は酵素と乳酸菌の摂取が鍵。善玉菌(≠悪玉菌)優位の腸内環境で、腸内細菌が免疫力を高める。健康・美肌の再生、アンチエイジング、うつ病や放射能対策にも。

  アトピーは腸と酵素でキレイにのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 報道・資料 > 雨宮処凛「アトピーの女王」を読んで  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨宮処凛「アトピーの女王」を読んで

2011 - 12/24 [Sat] - 21:07

アトピーの女王 たまたまアマゾンで書籍を検索しているうちに見つけた、 雨宮処凛(あまみや かりん)さんの「アトピーの女王」を読みました。

 腸についての話を一休みして、読んでみての感想を少し書いてみたいと思います。

 2002年8月に初版が出版され、2009年12月に文庫化されたこの本の内容説明には、

アトピー歴27年、3人姉弟のうち2人がアトピーという一家に生まれた著者が、情けなくて誰にもいえなかったアトピーの苦悩と悲劇と悪戦苦闘と憤マンを笑い飛ばす、ステロイドより効く、アトピーストレス解消エッセイ。

とあります。

 そこから、当初は軽い気持ちで購入した本なのですが、文章こそ軽快な筆致で書かれているものの、その内容はとうてい「笑い飛ばす」とか「ストレス解消」といった類いのものではありませんでした

 そこには、物心がつく前よりアトピーを発症していた雨宮さんや弟さんたちの壮絶な闘いが記されていました。

 アトピー性皮膚炎という病の過酷さ、患者本人と家族の苦しみ、学校の友達の容赦ないいじめ、働きたくとも働けない辛さ、なかなか治らない病へのいらだちから患者を怒鳴りつける医師、ろくな説明もなしに安易にステロイドを処方する医師、アトピーという体の病がもたらす性格形成における影響など、この本はアトピーについての問題を重症な体験者でなければ語れない視点で鋭くえぐっています。

 また、一般には死ぬことはない病と思われているアトピーが、実際にはそれを苦にした自殺や心中といった多くの悲劇を生んでいる現実も、引用された様々なニュース資料から知ることができます。

 読み終えて最初に思ったのは、わたしが経験したのは本当のアトピーではなかったのではないか、という思いでした。

 この本の中には、雨宮さん本人に加え、弟さんや病院で治療に励む人たちなど、重症な患者さんがたくさん登場します。

 その人たちの姿を読めば読むほど、本当のアトピーとはこういう病であって、わたしのように大人になってからちょっと発症して、辛かったとはいえ1年かそこらで治ってしまったアトピーなどは、適切な治療を施したからという思いはあるものの、本当のアトピーではなかったのかもしれないと思わされました。

 そして、日本の至るところに、重いアトピー性皮膚炎に悩み苦しむ人がたくさん存在しているという現状を改めて思い知らされ、その反面、いまだにこれといった治療法が明確になっていない(と思われる)日本の医学の現状に暗澹たる思いがしました。

 この本の中では、ステロイドをめぐる問題がどのように推移してきたのか、その変遷も詳しく語られています。

 雨宮さんの場合、時代的に、ステロイドの副作用が問題とされ、社会的な議論がなされる前に発症していたということもあり、当初、その治療は病院に通ってはステロイドを塗ることしか選択肢がなかったようです。

 その後、雨宮さんや弟さんは、ステロイドを使うか使わないかの混乱に巻き込まれ、アトピーに良いとされる様々な療法に関わっていくことになりましたが、ステロイド治療をやめ、「強酸性水」とやらを使った弟さんのケースはあまりにも壮絶で悲惨でした。

朽ちていった命 被曝治療83日間の記録 東日本大震災とその後の福島原発事故がきっかけで、今年、1999年9月に茨城県東海村で起きた臨界事故に関する本、「朽ちていった命 被曝治療83日間の記録」を読みました。

 「生命の設計図」という染色体がずたずたにされ、なすすべもなく体が朽ちて死んでいく被曝者の姿には強い衝撃を受けました。

 ステロイドを断ち、全身がぼろぼろになり、食事も睡眠も満足にできなくなっていく弟さんの姿は、東海村臨界事故の被曝者を思わせるものがありました。

 この本の様々な記述の中でも、特にインパクトがあったエピソードです。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。m(_ _)m

TOPページへ戻る▲


関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://atopyintestine.blog.fc2.com/tb.php/40-a8f00110

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

おすすめ記事

記事の中で紹介した書籍

アレルギーの9割は腸で治る!
アレルギーの9割は腸で治る!
クスリに頼らない免疫力のつくり方


腸内革命
腸内革命
腸は、第二の脳である


上野川修一 人生は運命ではなく「腸」が決定する
人生は運命ではなく「腸」が決定する
「腸」こそ免疫力の原点だ


奥村康 腸の免疫を上げると健康になる
腸の免疫を上げると健康になる

アトピーの女王
アトピーの女王

皮膚の病気は内臓でなおす
アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす


汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる

酵素で腸年齢が若くなる!
酵素で腸年齢が若くなる!

病気にならない生き方
病気にならない生き方

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

よく読まれている記事


ブログパーツ

検索フォーム

リンク

プロフィール

くどう

Author:くどう
40代・男性 成人後、アトピー性皮膚炎になること2度。腸内環境の改善と酵素摂取によりキレイに。

RSSリンクの表示

カウンター

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。