アトピー性皮膚炎、花粉症等アレルギー改善は酵素と乳酸菌の摂取が鍵。善玉菌(≠悪玉菌)優位の腸内環境で、腸内細菌が免疫力を高める。健康・美肌の再生、アンチエイジング、うつ病や放射能対策にも。

  アトピーは腸と酵素でキレイにのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 報道・資料 > 雨宮処凛「アトピーの女王」を読んで(4)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨宮処凛「アトピーの女王」を読んで(4)

2011 - 12/27 [Tue] - 22:33

 「アトピーの女王」文庫版の256ページには、

ときには「アトピーを治したければ体内に寄生虫を飼え」などという根拠もない勝手な療法を説く奴もいた。そのたびに、「じゃあお前ウンコ食えよ!」と反論にもならないことを心の中で叫んだりした。

という記述があります。

 おそらく、この「奴」さんは、このブログでも紹介した藤田紘一郎さんの「寄生虫がアレルギーを抑制する」という話をどこかで聞いていたのでしょう。(記事33

 しかし、雨宮さんがそれを「根拠もない勝手な療法」と受け取ったのは無理もありません。

 寄生虫がお腹の中にいるのが珍しくなかった昔ならともかく、この現代でいきなり「寄生虫を飼え」と言われれば、どんな人でもそのグロテスクさに生理的な嫌悪感を覚えずにはいられないでしょう。

 ましてや、アトピーで散々人から傷つけられてきた人にとっては、悪口や暴言にしか聞こえないはずです(この「奴」さんも、十分な説明をしなかったのでしょう)。

 人にものを勧めるときの勧め方の難しさ、受け止める側の心の準備の難しさを感じさせるエピソードです。

 雨宮さんの本の中には、この寄生虫の件以外、このブログがテーマとしている腸や酵素の話はついに出てきませんでした。

 そういった情報と接する機会がなかったようで残念ですが、当時はまだ腸や酵素に関する知識や研究が十分には知られていなかったのかもしれません。

 手元にある本の出版年代を調べてみました。

 例えば、このブログで既に紹介した藤田紘一郎さんの「アレルギーの9割は腸で治る!」や「腸内革命」はそれぞれ今年2011年の出版です。
 他にも、

奥村康「腸の免疫を上げると健康になる」(2011年3月1日発行)
上野川修一「人生は運命ではなく「腸」が決定する」(2009年10月20日発行)

光岡知足人の健康は腸内細菌で決まる!」(2011年4月25日発行)
山崎正利他「腸を直すとアトピーが治る!なぜ?」(2007年11月発行)
バーナード・ジェンセン汚れた腸が病気をつくる」(1998年12月8日初版発行)
マイケル・D・ガーションセカンドブレイン」(2000年3月発行)
新谷弘実病気にならない生き方」(2005年7月発行)
鶴見隆史酵素で腸年齢が若くなる!」(2008年4月15日発行)

など、いずれも最近のものです。

 腸内細菌の研究で知られる光岡知足さんによれば、特定保健用食品の制度ができた1991年頃には、

腸内細菌の研究もかなり進み、整腸作用だけではなく体の調子を整える作用、免疫機能を高める作用もあることがわかってきました。」

とのことで、今から20年前になってようやく研究が進んできたことが伺えます。

 光岡さんは、それよりも以前、1978年9月には「腸内細菌の話」という本を出版し、その後も腸内細菌に関する本を多く出版しています。
 ただ、タイトルには「老化」「寿命」といったものが目立ち、アトピーとの関連がどの程度書かれていたのかはわかりません。

 また、断食少食による健康法で知られる大阪・甲田医院院長の甲田光雄さんも、早くから宿便の害を提唱してきており、1986年10月には「アレルギー性疾患の克服―断食・少食で体質は変わる」、88年10月には「根本から治すアトピー、アレルギー」といった著作を出版しています。

 しかし、いずれにしても、これらがアトピーの治療法として大きく注目されたとは思われないため、腸や酵素によるアトピーの治療といった観点は、やはりごく最近になってからのものなのでしょう。

 加えて、雨宮さんが「アトピーの女王」でつづっていた80年代から90年代は、今のようにインターネットが普及していたわけでもなく、アマゾンで簡単に書籍を検索できるわけでもありませんでした。

 そのような時代背景を考えれば、アトピー治療のために必要な情報を得るということは、今とは比べ物にならないほど困難なことだったのでしょう。

「アトピーの女王」では、雨宮さんや弟さんのアトピーを治すために必死に奔走し、結果的に翻弄され疲れ果てていくお母さんの姿が描かれていますが、その苦労は並大抵のものではなかっただろうと思います。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。m(_ _)m

TOPページへ戻る▲


関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://atopyintestine.blog.fc2.com/tb.php/43-86bb54b1

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

おすすめ記事

記事の中で紹介した書籍

アレルギーの9割は腸で治る!
アレルギーの9割は腸で治る!
クスリに頼らない免疫力のつくり方


腸内革命
腸内革命
腸は、第二の脳である


上野川修一 人生は運命ではなく「腸」が決定する
人生は運命ではなく「腸」が決定する
「腸」こそ免疫力の原点だ


奥村康 腸の免疫を上げると健康になる
腸の免疫を上げると健康になる

アトピーの女王
アトピーの女王

皮膚の病気は内臓でなおす
アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす


汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる

酵素で腸年齢が若くなる!
酵素で腸年齢が若くなる!

病気にならない生き方
病気にならない生き方

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

よく読まれている記事


ブログパーツ

検索フォーム

リンク

プロフィール

くどう

Author:くどう
40代・男性 成人後、アトピー性皮膚炎になること2度。腸内環境の改善と酵素摂取によりキレイに。

RSSリンクの表示

カウンター

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。