アトピー性皮膚炎、花粉症等アレルギー改善は酵素と乳酸菌の摂取が鍵。善玉菌(≠悪玉菌)優位の腸内環境で、腸内細菌が免疫力を高める。健康・美肌の再生、アンチエイジング、うつ病や放射能対策にも。

  アトピーは腸と酵素でキレイにのナビゲーター   topページ > スポンサー広告> 牛乳の害 > 市販のヨーグルトは、アトピーに効果がなかった  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販のヨーグルトは、アトピーに効果がなかった

2012 - 02/17 [Fri] - 23:19

ヨーグルトを常食していると、腸相は悪くなっていきます。これは30万例の臨床結果から自信をもっていえます。」

と、新谷弘実さんはいいます。

 新谷さんの判断材料は、やはり実際に内視鏡で覗いた腸の様相のようです。それがまずあっての理論なのでしょう。

 そして、ヨーグルトを常食としている人は、腸内環境が悪くなっており、毒素が腸内で発生するためにウンチやおならのにおいが強くなっているはず、といいます。

 もし、そういう自覚症状が起こっている人がいれば、やはりヨーグルトは腸に良くないということでしょう。

 私もアトピーになって、店頭で売られているいろいろなヨーグルトを試してみました。

 しかし、残念ながらどのヨーグルトもアトピーに効果があるという実感を得ることはできませんでした。

 私の中でも、市販のヨーグルトはアトピーには効かないという結論に至っています。

 ただ、思うに、それはヨーグルトというよりも、ヨーグルトに使われている牛乳のせいではないかと考えています。

 というのは、新谷さんの理論の中で、

「ヨーグルトの乳酸菌は、常在菌でないために殺菌されてしまう」
「腸まで届いたとしても、常在菌と手を取り合って働くことが可能なのか」

という点には若干疑問を感じているからです。

 帝京大学薬学部教授山崎正利さんは、共著である「腸を直すとアトピーが治る!なぜ?」の中で、

生きた乳酸菌(生菌)より死んだ乳酸菌(死菌)

として、「生きた乳酸菌」という発想が既に古いことを述べています。

 ひと頃、「生きた乳酸菌(生菌)」を謳い文句にした食品のテレビコマーシャルや新聞広告などを良く見聞きしましたが、最近の研究では、「死んだ乳酸菌(死菌)」でもマクロファージを元気にする高い効果が得られることが明らかになっています。

 私がこれまで研究に用いてきたのも、乳酸球菌(EF-621K菌)という乳酸球菌に属する死菌です。

 マクロファージなどの白血球を元気にする(免疫を活性化する)には、必ずしも生菌である必要はありません

 乳酸菌は、菌体の一番外側、つまり細胞壁に存在している成分こそが特に重要で、これが私たちの身体にもっとも良い影響をもたらしてくれるのです。

 この有効成分は熱に強く安定した物質ですから、過熱して死菌の状態にしても免疫系に及ぼす効果が減殺されることはありません

 また、農学博士の光岡知足さんも、マウスの寿命に乳酸菌がどのような影響を及ぼすかの実験において、殺菌したヨーグルトに延命効果が見られたとして、

「死菌だから効果がないわけではなく、実際には死菌でも生菌でも効果が変わらない

という結論を導いています。

 そこから、光岡さんは、従来の生きた菌が腸内で増殖して腸内環境のバランスが整うという「プロバイオティクス」の発想ではない、「生きた菌」「死んだ菌」関係なく、菌体成分が腸内環境に好影響を与えるという「バイオジェニックス」という概念を提案しています。

 そして、さらにそこから視野を広げて、

生きた菌=プロバイオティクスだけにこだわる必要はない

という観点から、善玉菌の増殖を促したり、悪玉菌の増殖を抑えたりする難消化性の食品成分「プレバイオティクス」という概念を提唱するに至っています。

 これらを考えると、新谷さんがいうヨーグルトの乳酸菌の殺菌問題や常在菌との相性の問題というのは、ヨーグルトの効果のあるなしにはあまり関係がないことのように思わるのです。

 ですから、ヨーグルトの乳酸菌が生きて腸に届くのかどうかというのは、どちらでもいいと思うのですが、その前提で話をしたとしても、市販のヨーグルトでアトピーに効果があったと実感できるものは私にはありませんでした。

 新谷さんは、「病気にならない生き方」の続編「病気にならない生き方2 実践編」で、牛乳やヨーグルトに代わるものは何かについて述べています。

 牛乳の代わりになるものとしては、植物由来の豆乳がよいでしょう。豆乳はホワイトシチューやグラタンなど、牛乳を使う料理のほとんどで代用することが出来ます。

 どうしても牛乳の味が好きで飲みたいという人は、超高温殺菌とホモゲナイズされたものを避け、1~2週間に1回程度に控えましょう。

 ヨーグルトは乳酸菌が豊富なので腸にいいと信じている人が多いのですが、胃腸内視鏡外科医としてこれまで膨大な数の腸を診てきた経験から、私はまったく別の意見をもっています。

 ヨーグルトを常食している人に腸相のいい人はいないことを考えると、ヨーグルトが腸にいいとはとても思えないのです。

 ですから、乳酸菌を摂りたいのなら、ヨーグルトではなく、自家製のぬか漬けやキムチなど乳酸菌による発酵食品を摂ることをお勧めします。

 ヨーグルトの味や食感が好きな人は、豆乳を使った「豆乳ヨーグルト」がお勧めです。

 豆乳や豆乳ヨーグルトについては、また追って書きたいと思います。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。m(_ _)m

TOPページへ戻る▲


関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://atopyintestine.blog.fc2.com/tb.php/68-2fd6a517

 | ホーム | 

最新記事

カテゴリ

おすすめ記事

記事の中で紹介した書籍

アレルギーの9割は腸で治る!
アレルギーの9割は腸で治る!
クスリに頼らない免疫力のつくり方


腸内革命
腸内革命
腸は、第二の脳である


上野川修一 人生は運命ではなく「腸」が決定する
人生は運命ではなく「腸」が決定する
「腸」こそ免疫力の原点だ


奥村康 腸の免疫を上げると健康になる
腸の免疫を上げると健康になる

アトピーの女王
アトピーの女王

皮膚の病気は内臓でなおす
アトピーも掌蹠膿疱症も
皮膚の病気は内臓でなおす


汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる

酵素で腸年齢が若くなる!
酵素で腸年齢が若くなる!

病気にならない生き方
病気にならない生き方

ブログランキング

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
よろしければ応援してください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

よく読まれている記事


ブログパーツ

検索フォーム

リンク

プロフィール

くどう

Author:くどう
40代・男性 成人後、アトピー性皮膚炎になること2度。腸内環境の改善と酵素摂取によりキレイに。

RSSリンクの表示

カウンター

最新コメント

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。